【DQN確定】なぜ降りた?煽り運転に関わるとロクなことない

2月21日の午前2時ごろ、愛知県日進市の東名高速下り線で、

トレーラーを運転していた男性(43)が

後ろからきた乗用車にあおり運転を受けて、

その乗用車が前に回りこみ停車させられました。

側道にトレーラーの運転手の男性が停車したところ、

乗用車の男性が、

「なんでどかねーんだ」「急いでいるんだ」などと怒鳴り

、男性を長さ60センチぐらいの模造刀のようなもので

数回殴ったということです。

男性はひざの骨を折るなどの大けがです。

男は車で走り去り、警察は殺人未遂事件として行方を追っています。

スポンサーリンク

【今回の事件の詳細】

・21日の午前2時ごろということは夜中ですね。

・現場は、現場は日進市北新町の日進ジャンクション(JCT)付近。

・大型トレーラーは東名高速の下り線を走行。

・前を走っていた車両を追い抜こうとして追い越し車線に入った際に
後ろから進行してきた乗用車から執拗な煽りをされた。

・トレーラーは左車線に戻ったけど、乗用車はトレーラーの前に入り込み
走行を妨害。

・停車したトレーラーの前に乗用車から降りてきた男性と口論。

・「急いでんだよ、なんでどかねえんだよ」などと言いがかりをつけ、
男性の足を模造刀(長さ約60cm)のような金属製の棒で殴打。

・トレーラーの男性は膝を骨折。

・加害者の男性はクルマに戻り逃走。

・殺人未遂事件として捜査中。

【避けてるのに回り込んで進路妨害して何がしたいの?】

実際に煽り運転をされたことありますが、怖いですよね。
まったく同じ状況だったので驚きました。

左側を走行中に、前のクルマを追い抜こうと、
一旦追い越し車線に入ったときに

すごいスピードで後ろからセダンタイプの乗用車が追いかけてきました。

一瞬、覆面パトカーかと思ったら、軽自動車でビックリ!
めちゃめちゃ煽ってくるので、左車線に戻ったら、

前に回り込むように走行を妨害してきました。

いきなり急ブレーキをかけたり、
危ないので追い越し車線に戻ると、そのクルマも

右に寄せて所謂「通せんぼ」状態にされたました。

それから、交差点で曲がって行ったので何事もなく終わりましたが、

怖かったので、ナンバーの写真だけはすぐに撮りました。

そのことがあってからすぐに、ドライブレコーダーを購入しました。

アマゾンでベストセラーなのに思ってたより安かったので買って良かったです。

スポンサーリンク

【あおり運転の被害にあったときの対処方法】

最近はドライブレコーダーを付けているクルマが多いと思いますが、

証拠がないと、被害者が損をするかもしれませんよね。

1番ベストな対処方法を調べてみました。

あおり運転をされたら?

煽り運転をされた場合、相手にせず道を譲るのが一番の対処方法です。
下手に煽り返したりするのは、トラブルの原因にも
なるのでやめましょう。

道を譲ってもしつこく煽ってくる場合は、
徹底的に無視しましょう。

狭い一本道で、道を譲ることができない場合も同様です。

トラブル回避にはやはりドライブレコーダーの設置が1番効果的みたいですね。

去年、東名高速にて煽り運転による死亡事故が起きました。

煽り運転の末に被害者の車を停止させ、そこに後続のトラックが
追突するという痛ましい事故は大きな話題となり、
そこから煽り運転の摘発が頻繁に報道されるようになりました。

この事故の加害者への逮捕状は「過失運転致死傷罪」となっていますが、

専門家からは殺人罪として扱うべきだという声も上がっています。

この事件は本当にニュースで見ていても腹が立つし、

残された遺族のことを思うと可哀想で仕方がないです。

交通トラブル加害者の多くは、
「クルマに乗ると性格が著しく変わる(荒くなる)」
というタイプだそうですが、交通免許に性格診断テストも導入したほうが
いいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする