高級魚で稼ごう!一畳分のスペースで一攫千金!

スポンサーリンク

最近は野菜の高騰でベランダ菜園などが注目を浴び、

コスト面を考えても、かなり安上がりで

野菜が採れるということで、チカラを入れてる主婦も多いそうです。

でも、これは生き物!

しかも、野菜は見た目もまだ多少キレイに感じることもあるけど、

これはちょっとグロい・・・ちょっと?

かなりグロい・・・可愛いと思ってる人ゴメンナサイ。

その正体、実はなんとヒラメ!

ヒラメを飼って養殖して出荷されています。

その謎の副業?を少し調べてみました。

【ヒラメは自宅で飼えるものなの?】

ネットで調べてみると結論から言えば「できる!」みたいです。

基本は熱帯魚の飼育と同じなので可能で、

養殖は小さい魚を大きく育てることなので、

熱帯魚よりエサの量が多くなるだけの違いだそうです。

ヒラメは稚魚から育てても一年ほどで出荷できるみたいです。

必要なのは水槽を置く畳1畳分程度のスペース。

しかも、飼育はとっても簡単。

ヒラメの養殖で一般的に使用されている専用の餌を一日1回与えるだけ。

ヒラメの養殖用の餌なんてものが、世の中には存在するんですね。

実際に育てている方は、

「ヒラメたちが元気よく餌を食べる姿を見ると愛着が湧き、

生きがいにもつながる」といいます。

水槽の水はペットショップでも買える人工海水だそうです。

ヒラメを飼うときのポイントは水替えを不要にする循環システム。

汚れた水をバクテリアなどを使い、主に3つの工程を経て海水水分を損なわず水を奇麗にし、

水槽に戻すことができる装置があるそうです。

【初期費用はいくら?】

先で書いてある人工海水や濾過装置や水槽などなど、

ヒラメの養殖の初期費用は相当かかりそうですね。

実際に調べてみると、

裏庭で行う少し大きい水槽になると、循環ろ過システムを含めて30~50万ほど。

賃貸物件のように限られたスペースで行う場合は、60リットル水槽くらいが

適しているかもしれません。

これは10万円以内で購入できますね。

これに、エサ代や水道代、電気代が維持費として加算されます。

維持費を具体的に算出できないけど、10万以内なら頑張れそうな気がしますね。

スポンサーリンク

【実際には儲かるの?】

重さ約1キロの立派なヒラメ。

鮮魚店なら5000円は下らない高級魚だそうですが。

前橋市内の和食店でコースとして提供され、評判は上々だそうです。

味良し、食感良しの部屋の中で育った養殖ヒラメ。

畳1畳分ほどの水槽に折り重なるように生息するヒラメ。

・一日一回のエサやり。

・初期費用。

・水槽で飼える限界は畳一畳で最大150匹まで飼える。

・家の中だと気候の影響を受けない

地方の裏庭で畳一畳と言わず、ガレージなどで

6畳くらいのスペースで養殖すれば、稼げそうですが、

家の中で飼うと匂いとかもあるし、

ろ過装置の音とか考えると現実的な気があまりしませんね。

でも、物置などで一畳分養殖して自分で食べるには

アリかもしれません。

今後、一攫千金になるような自宅でできる菜園、養殖が他にも

無いか探してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする