京都でも問題!中国人韓国人の白タクの増加で困るタクシー会社

各国から多くの外国人観光客が集まる京都市では、違法な白人が増え続けています。

最近、中国の白タク業者に加えて、韓国の業者も登場しています。

京都府警は、国土交通省、国土交通省、京都交通支部などと共同で、

英語と中国語に加えてチラシも用意しています。

地元のタクシー業界団体は、「京都は白い天の天国」と叫び、本格的な事実を調べ始めた。

「ソウルの家族と京都観光に来て、ガイドを車で案内してもらう」

2月下旬、清水寺(東山区)近郊の五十三間で、30代の韓国人女性がインタビューに答えた。

その直後に、男性の運転手が道路上のワンボックス車から急いで下車し、耳にささやきながら女性に轢かれた。

女性は「ごめんなさい。運転手の指示でもう話せない」と言った。

白タク行為ではないかと尋ねる記者に運転手は「これは親戚だ」と反論した。

スポンサーリンク


【京都白タク事情】

タクシー業界はこの白いタクの蔓延を悩ましています。

京都市の観光地では、警察や行政の注意や指導が進まない現状で危機感を高めている京都タクシーオペレーションセンター(伏見区)が自らの調査を始めた。

駐車停止対策委員会(66)の中田俊博会長(66)は

、昨年10月下旬から金閣寺、二条城、嵐山などの観光スポットを訪れ、

白タクと見なされる車種と車の数を記録した。

5月初旬までに合計152台の車があります。

この調査によると、中国人の運転手による白タクは、数字が少ない車が多いことを発見しました。

また、中国では珍しいと言われる「8」や「6」のような数字を好む傾向があることを発見しました。

記者たちは、4月初めに金閣寺(北区)前の駐車場で車に乗った中国人観光客の40歳の男性をインタビューしたところ、

「北京から家族で来た。1日3万円で3日間、スマートフォンのアプリを使い車を予約した。鉄道で各地を旅行するよりも安い」

とメリットを強調した。

スポンサーリンク


国土交通省近畿運輸局によると、京都市内の正規レンタカーの公示幅は30分で2330~2550円となっている。

最大運賃を1日8時間利用すれば40,800円、白タクは格安になります。

中畠氏は、「白タク問題はタクシー業界にとって死活問題。警察と行政の素早い対応を望む」と述べた。

すでに調査結果をまとめ、近畿交通局などに報告している。

国交省旅客課は「調査を進め、無許可の運転手のブラックリストを作るなど、

まずは実態把握を進めたい」としている。

京都府警は各国語によるチラシなどで啓発に努め、「社会的関心も高く、白タク行為の排除を進めたい」としている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする