顔の産毛処理はサロンがいいの?自分で処理する簡単セルフ方法とは

あなたはどのように顔の産毛を処理していますか?

処理していない人も中にはいるかもしれません。
しかし、顔の産毛をそのままにしておくと、顔全体が暗く見えてしまい、肌も汚く見えてしまうかもしれません。

そのため、顔の産毛を処理することをオススメします。

ただ、こう聞くと

「でも、セルフだとどうやって処理すればいいのかわからない」

という方もいると思いますから今回は、顔の部位ごとに産毛の処理方法をご紹介します。

ヘアーリデューシングクリーム

顔の産毛を剃る4つの美顔効果

顔の産毛を剃ると、様々な効果があります。
主に挙げられるのが以下の4つです。

・顔が明るくなる
・化粧のノリがよくなる
・古い角質を除去できる
・ニキビ予防

どれも女性にとって嬉しい効果ばかりですよね。
つづいて、産毛の正しい処理の方法をご紹介します。

産毛を剃るための道具

産毛を剃る前に、必要なものを揃えましょう。
必要なのは、以下に挙げた道具です。

・I字型のカミソリ

・シェービングクリーム

・化粧水

・乳液などの保湿クリーム

・シェービングクリームを伸ばす柔らかいハケ(チーク用ブラシがおすすめです)

・サランラップ

・蒸しタオル

ちゃんとした道具を揃えると、サッと産毛の処理ができます。

一方で、「安いから」と買ったカミソリや、長期間に渡って使い続けているカミソリで処理すると、肌トラブルを引き起こしかねません。そのため注意が必要です。

基本の剃り方

顔の産毛を剃る際には、ヘアバンドやヘアゴムなどで、顔に髪の毛がかからないようにしましょう。

また、そのままカミソリを使用すると、肌を傷めてしまう可能性があります。
そのため、メイクをしっかりと落とした後に、ホットタオルを使って、顔全体を5秒ほど温めます。

こうすることで、産毛や肌を柔らかくして剃りやすくなると言われています。
その後、カミソリを鉛筆を持つイメージで持ち、産毛の生えている方向に逆らって剃っていきましょう。

カミソリの刃が、肌に対して垂直だと、肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのため、肌と刃が平行になるように意識をしてください。

おでこの剃り方

おでこの産毛は処理していない、という方も多いかもしれません。
しかし、1度処理するだけで垢抜けた感が出る人もいるほど、実は重要な部位なのです。
まずは、ヘアバンドやピンなどで前髪を垂れてこないように固定します。

つづいてシェービングクリームをおでこ全体に塗りましょう。
そして、生え際から、おでこの中心に向けてカミソリで剃っていきます。
このとき生え際から1cmほど開けて剃り始めると、ナチュラルな印象に仕上がります。

眉間の産毛の剃り方

眉間の産毛をそのままにしておくと、眉毛が繋がっているように見え、モサっとした雰囲気になってしまう可能性も。そのため、きちんと処理しておきましょう。

おでこを剃ったときと同じように、まずはシェービングクリームを塗ります。その後、カミソリで産毛の流れに合わせて剃っていきましょう。

眉間の産毛を剃る際は、カミソリを持っていない方の手で両眉頭を押さえて眉間の皮膚を引っ張ると、剃りやすくなります。

鼻の産毛の剃り方

鼻は顔の部位の中でも剃りにくい部位です。
そのため、丁寧に行わないと鼻を傷つけてしまう恐れも。
なお、丁寧に処理すれば鼻周りのメイクのノリを良くすることができます。
まずは鼻全体にシェービングクリームを塗りましょう。
できれば、いつも使っているカミソリよりも小さめのものを使うようにしてください。
そして角度によって傷つけないために、しっかりゆっくり処理していきましょう。

口周り(あご・鼻の下)の産毛の剃り方

口周りの産毛は、他の部位よりも濃いことが多いため、週に1回を目安に処理を行うようにしましょう。

産毛が濃いと、男性のような髭が生えているように見えてしまう場合もあります。

しかし、このように頻繁に産毛の処理をすると肌荒れを引き起こす可能性があるため、アフターケアはしっかりおこなってください。

まずはシェービングクリームを塗り、上から下に向かって、カミソリなどで産毛を処理していきましょう。アフターケアについては、保湿クリームのほか、化粧水や乳液もオススメです。

保湿クリームや乳液を商品画像、特徴、成分、価格を記載して各1つアフィリエイトリンク付きで掲載

頬の剃り方

頬の産毛は薄いため、剃らないという方も多いようです。

ただし、頬の産毛を処理するだけで顔全体が明るい印象になる人もいるため、剃ることをオススメします。しかし、頬は乾燥しやすい部分なので、処理をした後は、しっかりとアフターケアを行うようにしましょう。

まず、頬全体にシェービングクリームを塗ります。
つづいて、小鼻の横から外側に向かって、カミソリで産毛を剃っていきます。
頬を傷つけないように、カミソリを持っていない方の手で耳の方に皮膚を引っ張りながら剃ると、処理がしやすいです。

もみあげの剃り方

もみあげの産毛を処理すると、横顔をスッキリした印象にさせる効果があると言われています。

一方で、上品な印象にしたいときには、耳たぶくらいの長さにするのがオススメです。
ロングやミディアムヘアーなどで、普段髪を縛ってアップスタイルにすることが多い方は、スッキリとした印象にするために、もみあげを全部剃ってしまうのも良いかもしれません。

髪のサイドの毛を後ろで束ねましょう。
つづいて、コームを使って、もみあげの毛の流れを整えます。
剃る前に、アイブロウなどで、理想のもみあげの長さに目印をつけておくと便利です。
その後、シェービングクリームを塗り、もみあげを剃っていきます。
もみあげが濃い場合は、ハサミとコームを使って軽くカットすると良いでしょう。

フェイスラインの剃り方

フェイスラインは、自分では見えづらい部分です。
そのため、産毛の剃り残しが多い部位でもあります。
剃り残しを作らないためにも、明るい場所で、よく確認しながら産毛の処理を行いましょう。
首を傾けることで、正面からは見えにくい産毛の剃り残しを防ぐことができます。
また、皮膚がたるむと剃りにくいので、反対の手で肌を引っ張りながら剃っていきましょう。

セルフで顔の産毛を剃る際の注意点

慣れていない方がセルフで顔の産毛を処理すると、肌トラブルになってしまう場合もあるかもしれません。

そこで本節では、注意をすべき4つのことをご紹介します。

・毎日剃る
毎日カミソリで処理をしていると、肌にダメージが蓄積されていきます。
また、必要な角質が剥がれ落ち、バリア機能が失われる恐れも。
そのため、個人差はありますが、ムダ毛の処理を行う頻度は2~3週間に1度にしましょう。

・洗顔料やボディソープを代用する
シェービングクリームが手元にないときに、洗顔料やボディーソープを使用する方もいるそうです。しかし、それらは本来ムダ毛の処理をするためのアイテムではありません。

そのため、長時間顔にのせたままにしておくと、肌トラブルの原因になってしまうことも。
こうならないためにも、シェービングクリームを使用しましょう。

・浴室で剃る
お風呂場でムダ毛の処理や産毛の処理をしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、お風呂は部屋の照明に比べて暗い場合が多いです。
そのため、顔の産毛をしっかりと処理するのは難しいでしょう。
また、お風呂場などの湿気が多い場所でカミソリを保存をしていると、雑菌が繁殖し安いため、注意が必要です。

・生理中・妊娠中に剃る
生理中や妊娠中は普段の肌に比べて肌荒れを引き起こしやすくなっています。
そのため、なるべくカミソリを使用しない方が良いです。
また、生理中や妊娠中でなくても肌荒れを引き起こしている時や体調が優れない際は、産毛の処理はストップしましょう。

顔の皮膚は、他の部位よりも薄いと言われています。
そのため、しっかりシェービングクリームを塗ってから、剃っていきましょう。
また、剃った後も保湿クリームや化粧水でアフターケアをするようにして、肌トラブルにならないよう気をつけることが大切です。
ヘアーリデューシングクリーム

【関連記事】

アイアクトが眼瞼下垂や眼瞼痙攣に効果があるのか?口コミと評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする