眼瞼下垂って?原因や手術の費用はいくらかかるの?

最近、年をとったのか目が小さくなった感じがする。

まぶたが下がってきて視界が狭くなった気がする。

こんな症状で悩んでる人は眼瞼下垂の可能性があるみたいです。

眼瞼下垂で悩んでる人のために原因と効果のあるクリームを調べてみました。
>>まぶたの下がりで悩んでる方はコチラをクリック!

上まぶたが下がる「眼瞼下垂」とは?

眼瞼(がんけん)とはまぶたのことです。

『眼瞼下垂』とは上のまぶたが下がってきてしまうことで、

片方のまぶたが下がる場合と両方のまぶたが下がる場合があります。

上まぶたの下がり具合によって『軽度~中度~重度』と別れます。

軽度…上まぶたが目の茶色い部分を超えると軽度

中度…上まぶたが瞳孔にかかると中度

重度…瞳孔の下までくると重度

眼瞼下垂の症状は、実感として

『視界を狭く感じる』

『目が疲れやすくなった』

と異変を感じやすくなるみたいです。

他にも視界が狭くなったことで、無意識にまぶたを引き上げようとして

『眉間の位置があがった』『おでこにシワが増えた』

と感じる人もいるみでいたです。

眼瞼下垂の原因

年齢と共にコラーゲンの不足によりまぶたが下がってくることもありますが、

長年ハードコンタクトレンズを使ってる人は外すときにまぶたを引っ張りますよね。

まぶたを引っ張ることで眼瞼挙筋が伸びてしまうことでまぶたが下がってきます。

原因を詳しく説明すると、

「眼けん挙筋(上まぶたを収縮させる筋肉)」と上まぶたを繋いでいる

「挙筋腱膜」が緩んでくることです。

「挙筋腱膜」が加齢によって伸びてしまうと眼瞼下垂になります。

年齢を重ねて高齢になると、誰にでも少しはまぶたが下がってくる眼瞼下垂になります。

でも、ハードコンタクトレンズや花粉症などで目をよく擦るクセが有る人は

眼瞼下垂になりやすいと言われているそうです。

>>眼瞼下垂対策専用のクリーム『アイアクト』の詳細はコチラ

生まれつき先天性の眼瞼下垂

若い人でまぶたが下がっている人は生まれつき眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が

弱く、まぶたを支えられない場合が多いみたいです。

生まれつきの場合には片方のまぶたが下がってる事が多いので、

生後すぐにわかりやすいのが特徴だそうです。

眼瞼下垂(がんけんかすい)の予防と自己対策

眼瞼下垂は上のまぶたが下がってくる病気で視界が狭くなってきたり、

目が疲れやすくなってくることです。

長くハードコンタクトレンズを使ってる人、花粉症などで目をこするクセがある人に
起こりやすいそうです。

軽度の場合の対処方法

上まぶたが下がってしまう眼瞼下垂が軽度の場合には自分で自己対処できます。

軽度で上まぶたが薄い人なら、まぶたに貼るテープでまぶたを上げることができます。

よく二重にするテープが売ってますが、アイプチなどですね。

他にも、まぶたの眼瞼挙筋にコラーゲンを補充して、まぶたの腱を引き締める

効果のある成分が配合されている『アイアクト』眼瞼下垂対策の美容ケアクリーム

あります。

最近、ネットでも口コミが話題になっていて効果が期待できるみたいですよ。

眼瞼下垂対策専用のクリーム『アイアクト』

中度~重度の場合

軽度なら自分で対処する方法もありますが、

中度から重度になると手術をしないと治らない可能性もあります。

でも、眼瞼下垂の手術にはもちろん費用がかかります。

病院によって費用はもちろん違いがありますが、

両目で45000円~50000円ほどです。

片目で20000円~30000円になります。

手術には

●腱膜縫縮術

上まぶたの皮膚を切開して、伸びた腱膜を縫い縮める腱膜縫縮術という方法

●前頭筋つり上げ術

上まぶたの筋肉が弱い場合にはおでこの筋肉を使って、前頭筋と眼瞼を人工の膜で

つないで上まぶたを持ち上げる方法があります。

一般には、中等度以上の眼瞼下垂であれば手術が勧められますが、

医師の説明をよく聞いて、手術のメリット・デメリットを十分に理解したうえで

決めることが大切です。

眼瞼下垂対策専用のクリーム『アイアクト』

眼瞼下垂のまとめ

眼瞼下垂は上まぶたが下がってくる病気ですが、

高齢になると誰でもなる症状です。

でも、ハードコンタクトレンズを長く使ってる人花粉症などで目をこするクセ

ある人は眼瞼下垂が起こりやすい病気でもあります。

もし、ちょっと視界が狭くなってきたと感じたり、

最近、目が小さくなったと言われたら自分で対処することも可能です。

軽度のうちに対処すれば、まぶたが下がってくる眼瞼下垂の症状を

防ぐことができるかもしれませんね。

手術は高額だし、目の手術で、もし失敗したり手術を受けて後悔することを

考えたら、とりあえずリスクの少ない方法を試したほうがいいかもしれません。

医学誌でも掲載されて話題の眼瞼下垂専用の対策クリーム『アイアクト』はオススメです。

【関連記事】

>>アイアクトが眼瞼下垂や眼瞼痙攣に効果があるのか?口コミと評判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする