【最悪はひき逃げで犯罪者】クルマでの接触事故の対処方法

スポンサーリンク


寒川町の男性町議が茅ケ崎市内でひき逃げの容疑で捜査されています。

神奈川・寒川町の斎藤恒雄町議76歳は何をしたのか?

斎藤町議は去年の12月18日午後4時ごろに

茅ヶ崎市堤の県道で軽自動車を運転中に

赤信号を無視して交差点に入ったところで

横断歩道を自転車に乗って渡っていた同じ市内の中学3年生の

男子生徒14歳と衝突していました。

【ひき逃げ容疑の斎藤町議のコメント】

「危ないと思って急ブレーキを踏んでよけて、すぐに降りて介抱しながら

赤信号で横断歩道を渡っちゃだけじゃないですかと」

「『大丈夫』と聞いたら『大丈夫、大丈夫』と言うものですから

本当に私の不徳の致すところでパニックだったんですね

その場を去ってしまった」

町議!言い訳がかなり苦しいです!

これ確信犯ですよね?警察に届けるのは常識でしょ?

だいたい本人は中学生が赤信号を渡ってきたと話していますけど、

周りの目撃情報から、赤信号を無視したのは斎藤町議じゃないかと思います。

事故の直後にクルマを修理に出していて、証拠隠滅を図った可能性もあるそうです。

本人に聞いたところ、

「分かりません、警察が同判断してくださっているか」

そして言い訳が、

「お通夜があって急いでいた」

スポンサーリンク

【過去にも交通事故を起こしていた!】

斎藤町議は過去8年前にも死亡事故を起こしていました。

今回のひき逃げよりも酷い!

ただ、死亡事故を起こして尚、町議が出来るんですね。

その時の記事が見つからなかったので、なんとも言えません。

その8年前は議長を辞任されています。

【警察ぬるすぎませんか?】

警察は証拠隠滅や逃亡のおそれはないとして任意捜査をしていますが、

すでに証拠隠滅していますよね?

事故後にすぐクルマを修理にだしたりフロントガラスは普通割れてたら

目立ちますもんね。

警察の捜査ヌルくないですか?

逃亡の恐れがないから書類送検って。

【道路交通法にもありますよ斎藤町議】

パニックになっていたそうですが、その後、お通夜には間に合ったんですかね?

事故が大きくなれば、色々と困るかもしれませんもんね。

でも、事故後に警察に届けるのは、ドライバーの義務で

法律でも決まっているんですよ!町議!

道路交通法では72条1項に、

「交通事故があったときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ち
に車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合におい
て、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、
警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項
において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。」

簡単に言うと、事故は人身でも物損でも警察に届ける事、とあります。

届け出を怠った場合には、ひき逃げとして犯罪になります。

例え相手が警察を呼ぶなと言っても、大丈夫と言っても、相手が逃げても、

必ず警察に届けましょう。

事故証明がないと保険も降りませんもんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする